コロタイププリントを
もっと手軽に、
お手元へ

〝コロタイプをもっと身近に感じて欲しい〟
〝コロタイプで仕上げられたプリントを、もっと多くの方のお手元に届けられたら〟
そんな思いから、コロタイプを手軽にご注文いただけるサイトをつくりました。

標準的な製版(弊社基準)を施し、作業時間や色校正を省くことで低価格、短納期で、コロタイププリントをご提供いたします。

一度やってみたかった…! そんなご期待にお応えします。

 

「自分の写真をコロタイプでプリントすると、どんな仕上がりなのだろう?」
「コロタイプでプリントを作ってみたいけど、高いのでは?」
「どうやって注文したらいいか分からない」
といった方々に、おためし感覚でご利用いただけるシステムです。

商品のラインアップは3種類。
名刺や手札サイズの可愛らしいメッセージカードを作るもよし、ポストカードサイズで、オリジナリティ溢れる暑中見舞いや年賀状も作成できます。さらに、お部屋やオフィスに飾る額装作品を作りたい方には、8x10inch サイズの見応えあるコロタイププリントをお勧めします。

初めてのコロタイプ。あなたならどれを選びますか?

商品一覧

営業日カレンダーはこちら

つくる現場をご紹介します

便利堂は、明治20(1887)年に書店として創業しました。コロタイプ工房は明治38(1905)年に開設され、以来、絵はがきや美術図書、多数の文化財や美術品のコロタイプ複製を制作してきました。近年は、海外アーティストからの制作依頼も多数手がけています。

制作現場には使用年数が50年を超える重厚感のある印刷機が並び、ベテランや若い職人が日々プリントに向き合っています。伝統を守りつつも、未来に向けた技術の革新に挑戦し、コロタイプの継承と存続に取り組んでいます。

詳しくみる

湿度が一定に保たれたコロタイプ印刷工房。

加湿器の蒸気が照明にきらめき、ガタンガタン…ブオーンと重厚感のある音を立てる機械の周りを、職人たちが忙しそうに立ち回ります。彼らが目で追う先に次々と生み出されるプリントは、しっとりと艶感のあるコロタイププリント。

 インキの量は十分か…
  版の状態は保たれているか…
   刷り上がりに不備や荒れはないか…

さまざまなことに注意を払いながら、皆様のお手元に届けられるプリントが仕上げられていきます。

インキを練る

コロタイプのインキは亜麻仁油を主原料とし、多いものは顔料が60%含まれているとても堅牢なインキです。非褪色性に優れているので大切な写真などをプリントし、額装して飾ったり保管したりするのに適しています。便利堂では工房のために手練りで生成された40色以上のコロタイプ専用インキを使用します。

インキを出す

動くインキ台の上に、練り込まれたヘラやローラーを使ってインキをのせます。均一であることが重要なだけでなく、刷り上がりの濃淡やコントラストも職人の目視と手技で調整されます。

版を湿す

コロタイプの版は、ガラス板の表面に感光剤を混ぜたゼラチンを塗布しイメージが焼き付けられた物を使用します。ゼラチンの膨潤による凹凸と、それに含まれた水分と油性インキの反発を利用してプリントされるので、職人は十数枚プリントするごとに水分を与えます。

刷り上がり

一枚ずつ手差しで機械に挿入された紙は、円筒形の動圧部分でガラスの上のゼラチンにふれてプリントされます。刷り上がった紙を機械から取り出し合紙に挟む職人の身振りはとてもなめらかです。ゆったりとした動作には無駄のない美しさがあります。

仕上がりを確認する

同じ版を使って重ね刷りをし、イメージの濃淡を調整します。動力機を使っているとはいえ、インキや版の状態を調節するのは職人の腕。同じ調子の刷り上がりを保つのは至難の技です。刷り上がったプリントの品質を慎重に確かめます。

商品一覧

名刺サイズ

セルフポートレートやお気に入りの写真・絵をプリントした、とびきりの一枚をつくりませんか? 鮮明な活字やロゴはもちろん、書や鉛筆で描かれた手書きのサインも美しくプリントできます。

名刺、ショップカード、手札サイズのプリントとしてなど、さまざまなシーンでご活用いただけます。
印象に残る名刺で、良いお付き合いのスタートを。

詳しくみる
価格例 片面 100部 27,000 円(税・送料別途)
※詳しい情報は「商品価格」をご覧ください。

選べる紙種

和紙「三椏鳥の子」

日本では長きにわたって愛されてきた和紙「鳥の子」。元来は栽培の難しい雁皮を主原料に漉かれ「紙の王」と呼ばれましたが、材料難から近縁の三椏や楮を原料にするようになりました。三椏を主原料に生産されたこの和紙は表面に艶があり、インキのなじみも良いため、上質な黒の階調表現が可能になります。

洋紙「PHO」

「Photograph」に由来する名前を持つこの紙は、1949年に富士フィルムによって写真印画紙用原紙の作り方を応用して製造されました。表裏共に平滑に仕上げられており、きめ細やかな肌触りでありながら、しっかりとしたこしがあります。ややクリームかかった色目を使用することで、コントラストを保ちながらも温かみのあるプリントになります。

片面でも、両面でも美しく

たくさんの情報を載せなければならない名刺。文字を載せる表面に対し、お仕事を紹介する画像やデザイン性を盛り込んだイメージを裏面に載せてはいかがでしょうか。もちろん、写真と文字を組み合わせた画像による片面の名刺でも、紙とコロタイプによる独自の風合いは、受け取った方に印象を残すでしょう。

ポストカードサイズ

コロタイプのカードを制作して、身近な方に写真や絵を送りませんか。

ポストカードをはじめ、ミニ額絵、記念品など、アイディア次第で使い方はいろいろ。コロタイプを用いれば、他にない独自な表現力のある素敵なカードが作れます。

四季折々のご挨拶や、人生の一場面を描き出す写真をコロタイプで仕上げたら、きっとたくさんの方に届けたくなるでしょう。

詳しくみる
価格例 片面 100部 34,000円(税・送料別途)
※詳しい情報は「商品価格」をご覧ください。

選べる紙種

和紙「三椏鳥の子」

日本では長きにわたって愛されてきた和紙「鳥の子」。元来は栽培の難しい雁皮を主原料に漉かれ「紙の王」と呼ばれましたが、材料難から近縁の三椏や楮を原料にするようになりました。三椏を主原料に生産されたこの和紙は表面に艶があり、インキのなじみも良いため、上質な黒の階調表現が可能になります。

洋紙「PHO」

「Photograph」に由来する名前を持つこの紙は、1949年に富士フィルムによって写真印画紙用原紙の作り方を応用して製造されました。表裏共に平滑に仕上げられており、きめ細やかな肌触りでありながら、しっかりとしたこしがあります。ややクリームかかった色目を使用することで、コントラストを保ちながらも温かみのあるプリントになります。

8x10inch

見応えも十分な 8x10inch サイズ(20.3×25.4cm)のコロタイププリントが制作できます。

素敵なフレームに入れたら、プライベートスペースやオフィスの壁面に映える作品になること、間違いありません。

保存性の高いコロタイプなら、日常的な展示や後世にのこしたい家族の肖像にもぴったりです。
記憶に残る写真、記憶に残したい写真を、生活を彩る一枚に仕上げませんか?

詳しくみる
価格例 片面 10部 44,500円(税・送料別途)
※詳しい情報は「商品価格」をご覧ください。

選べる紙種

和紙「三椏鳥の子」

日本では長きにわたって愛されてきた和紙「鳥の子」。元来は栽培の難しい雁皮を主原料に漉かれ「紙の王」と呼ばれましたが、材料難から近縁の三椏や楮を原料にするようになりました。三椏を主原料に生産されたこの和紙は表面に艶があり、インキのなじみも良いため、上質な黒の階調表現が可能になります。

和紙「楮」

ざっくりとした肌触りと透け感の美しい薄手の楮紙です。インキの吸収が良く、顔料の滑らかでリッチな色のりを支えます。もともと楮の繊維は太くて長いため、ベタ面には細かな繊維の浮きが生じるかもしれません。それも楮ならではの風合いとしてお楽しみいただけるような軽やかさが特徴の和紙です。

和紙「鳥の子 白」

三椏鳥の子とは違い、雪のように白く、やや透け感のある風合いに仕上げられています。キリッと締まりのある黒の表現を望まれる場合に特に適しています。にわかに繊維を感じる表面は、さまざまなイメージ表現に風合いを添えます。

洋紙「PHO」

「Photograph」に由来する名前を持つこの紙は、1949年に富士フィルムによって写真印画紙用原紙の作り方を応用して製造されました。表裏共に平滑に仕上げられており、きめ細やかな肌触りでありながら、しっかりとしたこしがあります。ややクリームかかった色目を使用することで、コントラストを保ちながらも温かみのあるプリントになります。

商品価格と送料について

商品価格 送料一覧

 

Q&A

Q&A